★【6月2日】~駅からウオーク~「第九」100年ドイツ兵の面影を訪ねて★

ベートーヴェン第九交響曲アジア初演から100年。ドイツ兵が生活していた徳島収容所の面影をたどりながら当時の生活の様子も探ります。鳴門の板東俘虜収容所へ統合される前、現在の徳島県庁駐車場付近に徳島収容所がありました。ここではいち早く「第九」第4楽章だけが演奏されたと言われています。

駅からウオーク第九_imgs (1)-0001

駅からウオーク