観光スポット

みる鶴林寺
四国霊場第20番札所「鶴林寺」
四国八十八か所の20番札所。延歴17年(798年)に桓武天皇の勅願によって空海(弘法大師)が開創したと言われています。
「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」と呼ばれる遍路の難所の一つで、距離は短いものの標高差は490mにも及びます。また、平成22年10月、遍路道では初の国指定文化財の認定を受けました。一度は歩いてみたい美しい道です。
 
詳細情報

施設名称鶴林寺

場所勝浦町大字生名

問合せ先0885-42-3020

駐車場有り